自動車保険こそブランドが大事です

自動車保険、どうしていますか?
最近はネット広告やオンライン取引の活発化により、インターネット上で自動車保険を契約される方が増えています。
そうしたインターネット保険では、人件費や店舗運営費が抑えられるため、保険料も通常の損害保険会社より安くされています。

 

そのため、これまでの保険よりずっと安くできるとのうたい文句により、少しでも費用を抑えたい顧客の心をつかんでいるのが実情です。
しかし、いざ自動車事故を起こした際、ネット保険での事故対応は万全なのでしょうか。
専門のスタッフが対応するとはいえ、主な対応は電話やメールでのやりとりとなります。

 

一方で、従来の店舗や営業スタッフを持つ、いわゆる「大手ブランド」の損害保険会社では、事故時にも専任の現場対応スタッフが対応してくれます。
電話での対応より、やはり顧客と顔を合わせてしっかりと対応してもらえる方式の方が、状況の伝わり具合も安心感もはるかに勝ることは想像できるでしょう。

 

安さばかりを追い求めて、いざという時の対応に不安感や不便を感じるようでは本末転倒といえます。
なぜ安いのか、なぜ高いのか、その意味や意義をしっかりと考えたうえで、「大手ブランド」保険の価値というものを見直してみることも必要です。

 


Warning: file(http://www.amieproject.com/l-cntrol/k001/link/11): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/sark228/public_html/www.ahecpacific.com/index.html on line 59

安全装置と自動車保険の割引制度の現況と注意点

クルマの性能の進化も自動車保険の保険料に影響するものです。
エアバッグやABSなど搭乗者を守る装置や車両の安全性を高めるシステムなど保険料の割引の対象でした。

 

現在はエアバッグやABSなどは標準装備となっていることも多く、この代わりとして車両保険の負担度を示す車両料率クラスに反映させています。
そんな安全装置の割引制度が変わる中で、注目されているのが盗難防止の装置・システムです。

 

イモビライザー仕様がそれで、エンジンの始動に専用キーに組み込まれたデータをやりとりすることで動く仕組みになっているため、盗難防止に高いとされています。
安全装置の進化は割引制度を変更を伴うことも多いので、過去に制度が適用されても、更新時に外れていることもあるので注意が必要です。

 

また先のイモビライザー仕様など、まだまだ搭載していない機能や装置については割引制度を実施している保険会社があります。
他の保険と比べて変化が激しいのが自動車保険です。

 

盗難の多さも車両料率クラスに反映されるため、車両保険の保険料をチェックする際はこの数値にもチェックしたいところです。
安全性に関わる割引制度の他に、環境性能や福祉性能なども割引の対象であり、そうした車両の違いを割引制度に設定している保険会社を選ぶことも一つのポイントです。

運転者限定の自動車保険

自動車保険は契約のときにさまざまな条件を組み合わせて契約を行います。つまり、契約している期間に支払うこととなる保険料が変わります。そしてこの保険料を安くするための一つの方法として運転する人を限定することとなります。

 

どのようなことであるのかというと、自動車を運転する人を自分だけ、あるいは家族だけというように特定の人だけが運転するというものです。運転者を限定すると、特定した人以外が運転してトラブルが発生したときには補償されません。

 

しかしながら運転する人を限定することでトラブルが発生する危険度が下がることから保険料が安くなります。なお、全ての自動車保険においてこのような限定をすることができるのではなく、任意保険のみとなります。

 

なお、運転する人が少なくなるほど保険料は安くなります。また、家族限定とする場合においては家族の定義についてしっかりと把握しておくことが大事なこととなります。この場合の家族とは血族や姻族の親などにかかわらず、契約者と同居していれば家族とみなされます。

 

しかしながら子供が結婚して別に家を構えた場合に、その子供が家族限定の車を運転しても補償の対象とはなりません。そのため、しっかりと確認することが大事と言えます。

更新履歴